皮膚 の かゆみ

肌が痒い、むずむずするなど、皮膚のかゆみは一般的な肌症状の一つですが、発症しやすい症状であるがゆえ、やっかいであるともいえます。

特に乾燥肌や敏感肌の人は、注意が必要でしょう。

肌がかゆいからと皮膚をかいてしまうと、さらに痒くなるという悪循環に陥るので、かゆみの原因を把握して、しっかりと対策を施していきましょう。

肌のかゆみを感じて引っ掻いてしまうと、その刺激は神経ペプチドをを分泌し、さらにヒスタミンというかゆみの原因となる物質を生成します。

誰もが経験のある、蚊に食われて痒いからとかいてしまうと、さらなるかゆみに苦しむことになってしまうのです。

蚊に食われるというのは外的要因なので、ひとまず脇に置いて、これ以外の皮膚のかゆみというのは、身体に何らかの問題があるシグナルであるという可能性があります。

皮膚の疾患には、アトピー性皮膚炎、じんましん、乾皮症などの他、毛ジラミ症、性感染症が引き起こすかゆみ、また、腎臓病、肝臓病などの内臓の病気が原因のもの、病気ではないがストレスから来るものなど、様々なものがあります。

皮膚疾患の治療は、それぞれで異なるため、皮膚科で治療を受けるなどの専門的治療が望まれますが、一般的な対策としては、以下のようなものがあります。

・掃除をこまめに行い、ホコリやアレルギーの原因となるものを排除する
・空気清浄機で空気を綺麗にする
・音楽を聴くなどして、できるだけリラックスする
・ふとんはこまめに天日干しする
・粉末洗剤の残りカスが肌を刺激することもあるので液体洗剤にする

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

« 過度のダイエット は 肌によくない | ホーム | 資生堂 エリクシール プリオール 美容オイル »

このページの先頭へ