アトピー性皮膚炎 について

アトピー性皮膚炎 は、かゆみを伴う湿疹を発症する皮膚の病気で、顔や首筋、手などに症状が出やすくなります。

強いかゆみと炎症をもたらすため、精神的にもつらくなるケースが多いです。

アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん)は治療が困難な病気ですが、原因を把握し、根気よく治療を続けることで必ず治癒に向かう病気でもあります。

アトピー性皮膚炎がやっかいな病気であるのは、画一的な治療法が存在せず、その人その人に合わせた治療法を模索しなければならないところにあります。

そのため、完治までに時間がかかりますが、あきらめずに医師の指示に従って根気よく治療を続ける必要があります。

多くはアレルギー反応を伴いますが、アレルギー以外にも、肌のバリア機能が著しく低下していることも原因の一つであると考えられています。生まれつき肌のバリア機能が弱いので、外からの刺激を甘受しやすく、症状を発症しやすいというわけです。

また、アトピー性皮膚炎は遺伝するともいわれています。

さらに、アトピー性皮膚炎の他に、気管支ぜんそく、アレルギー性鼻炎といったアトピー性疾患を併発するケースもあり、注意が必要になります。

薬を使う際は、ステロイドが含まれていないかどうかを気をつけるようにしましょう。ステロイドは、アトピーの症状を和らげる効果がある反面、皮膚に強い副作用があると言われていて、問題になっています。使用の際は、専門医の判断を仰いだ方がいいでしょう。

[関連記事]
皮膚のかゆみ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

« 肌を強くこする | ホーム | かぶれ 接触皮膚炎 »

このページの先頭へ