シワ しわ

シワ は、弾力やハリを肌にもたらしているコラーゲンやエラスチンが損傷することで起こります。

年齢と共に肌にしわができやすくなるので、若い頃からシワ対策を講じていきたいものです。

しわができる大きな原因としては、老化と紫外線が挙げられます。

老化に関しては止めることはできないですが、できるだけ健康的な生活を送ることで遅らせることは可能です。バランスの取れた食事、適度な運動、充分な睡眠など、毎日コツコツ続けることが大切になります。

もう1点の紫外線対策は、皺の予防に欠かせません。

子供の頃は肌も元気で、紫外線に当たってもすぐにシワができることはありませんが、年齢と共に肌のバリア機能が衰えることで、紫外線が真皮まで到達し、真皮にあるコラーゲンやエラスチンを破壊していきます。

コラーゲンやエラスチンが壊れると、肌のハリや弾力が失われ、その影響は表皮にまで及び、くぼみとなって表れます。これがしわとなって目に見えるようになります。

シミ同様、シワも一度できてしまうと、修復することはかなり困難です。そのため、日頃からの紫外線(UV)対策が重要になってきます。

紫外線のダメージというのは、若い頃から蓄積されていくともいわれています。子供の頃はそんなことは気にせず、太陽の下で動き回っていた人が大半だと思いますが、肌トラブルのない若い年代から、紫外線対策を行っていくことが、10年後、20年後の肌に、結果となって表れてくることは少なくないようです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

« 紫外線 日焼け | ホーム | 肌を強くこする »

このページの先頭へ