シミ しみ

シミは、紫外線によるダメージや老化が原因となって発症する色素沈着です。

若い頃は、肌のターンオーバーが活発に行われているので、しみができたとしても肌に残ることはありません。子供にシミがないのはそのためです。

ところが、年齢と共に肌の機能が衰えてくると、しみとして肌に残ってしまうケースが多くなります。

肌が紫外線を浴びると、紫外線から肌を守ろうとしてメラニンと呼ばれる色素を分泌します。通常はターンオーバーにより、このメラニンは皮膚から垢となって剥がれ落ちていきますが、老化で衰えた肌はターンオーバーの機能が衰えているため、メラニンが皮膚表面にシミとなって残ってしまいます。

いわゆるシミというと、褐色の老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)が一般的です。顔、肩、腕などに表れ、30代~40代になってくると、普通に見られるようになります。

しみ対策は、やはり紫外線対策(UV対策)が最も効果的です。外出時はUV化粧品を使う、紫外線の強い時期は帽子や日傘で肌を守るなど、日頃からの対策が肝心となってきます。

できてしまったシミに対しては、ビタミンCを配合した化粧品が有効です。化粧品以外では、ケミカルピーリング、レーザー治療などもあります。

しみは簡単に消えるものではないので、日頃からのシミ予防、対策は欠かさないようにしましょう。

[関連記事]
ニキビ にきび

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

« ストレスを上手に解消 | ホーム | 男性用化粧品 が人気 »

このページの先頭へ