肌を強くこする

洗顔の際に肌を強くこする、タオルでゴシゴシこすったりするのは、肌を痛めてしまいかさかさ肌の原因にもなります。

洗顔時のゴシゴシ洗いや、タオルで強くこすることは避けるようにしましょう。

肌の表面には角質層が存在しています。角質層は主にケラチンと呼ばれるたんぱく質で掲載されています。肌の潤いを保ち、細菌の繁殖を抑える働きがあります。

肌を強くこすってしまうと、この角質層を傷つけることにつながってしまうため、角質層の働きが弱まり、カサカサ肌になってしまったり、肌トラブルが起きやすくなったりします。

また、こすった箇所がシミになって残ることもあるので注意が必要です。

洗顔時は、洗顔フォームや石けんをよく泡立て、泡で優しく洗うように心がけます。指先が肌に触れないくらいの泡で洗うようにしたいですね。

充分なすすぎで汚れと泡を洗い落とした後は、清潔なタオルで水気を吸い取るようにして拭き取り、こすることはしないようにしましょう。

[関連記事]
シミ しみ
肌荒れについて

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

« シワ しわ | ホーム | アトピー性皮膚炎 について »

このページの先頭へ